脇のムダ毛処理は一苦労

脇の必要ない毛を処理するのはものすごく大変だと考えませんか?
それと併せて女としてのエチケットでもあります。

ここの処理をカミソリでしているという方は意外と簡単に必要ない毛の処理が行えているはずです。

でも、私のように毛抜きでやるという人は、結構大変な考えをするでしょう。

毛抜きでの必要ない毛処理は時間がとにかくかかります。

私は脇の処理を久々にして一汗かきました。

一番目は整理抜きして、段々少なくなってきたら一本ずつ抜いて行きました。

もう処理が終わったら疲れてくたくたです。

首は痛いわ、目はしぱしぱするわで大変でした。

脇の必要ない毛処理は体力的にも精神的にも疲れる作業です。

私はこれでいつも体力も精神力も奪われています。

この脇の処理が大変で、いつも苦労しています。

こんなにも苦労して脇処理をしている人は少ないのかもしれません。

必要ない毛を毛抜きで処理した後はすごく疲れるけど、併せてやり抜く感もありますね。

へとへとになるまで疲れるけど、必要ない毛の処理が終わると脇が想像以上に素敵になるので、この処理は好きです。

この処理をしすぎると肌にダメージが多いのです。

だから控えめに必要ない毛の処理をするようにしています。

毛抜きで抜くと痛いのですが、簡単に必要ない毛が抜けるのがハッピーなところです。

脇の必要ない毛処理で一汗かいて、やっと終わりました。

必要ない毛の処理をした後は達成感はあるけど、その分疲労も大きいです。

脱毛後のお手入れ

我が家で必要ない毛の処理をしている人は多々あると考えます。

家庭用の光脱毛器も、安い価格で手に入るようになりました。

楽だからこそ、脱毛後のケアが相当重要だと、私は考えます。

アフターケアをしっかりとしないと、肌が荒れるだけでなく、必要ない毛自体が増加してしまうからです。

私も、我が家で脱毛しています。

以前は脱毛後にそんなにアフターケアをしませんでした。

そうしたら、膝下の必要ない毛がみるみる濃くなっていったんです。

その太さはヘアーほどもあり、処理をしなければどんどん伸びていったんです。

その上、粉を叩いたようにまでなる肌の乾かすが、わたしの困りごとでした。

やはり必要ない毛を素敵にしようと頑張ってきたのに、逆影響です。

必要ない毛処理は、やり過ぎるとダメだと聞いたのでしばらく休んでいたのですが、そうするとスカートが履けないほどボーボーになってしまいます。

必要ない毛が太くなったきっかけが、脱毛後のケア不足だと分かってからは、顔のケアと同じくらい念入りにケアをしました。

膝下は汗をかかないので、元来は乾かすしやすいところです。

脱毛後は肌をよく冷やしたあと、保湿クリームで肌の潤いを維持します。

脱毛後に肌を冷やさない事が多かったのですが、肌を冷す事で毛穴が小さくなりますし、雑菌が毛穴に入ってしまうのを防げるので、脱毛後の冷却は充分にしています。

それをしていなくて、毛穴に雑菌が入り込み膿んでしまった事もあります。

我が家での脱毛は、後のケアまでちゃんとしましょう。

個人経営の脱毛サロンについて

無意味毛の処理をしたくて脱毛サロンに通う事を吟味する時に、一流企業のサロンを直ちにに思いつく人は結構いますよね?
けれども、脱毛サロンと言うのは、一流企業だけでなくて個人の脱毛サロンもあります。

ここでは個人の脱毛サロンに焦点を当ててみましょう。

・個人サロンの長所
個人のサロンは、スケールは小さいながらも確かな施術の腕を持ち経営しています。

個人サロンとして独立している経営者は巨大資本のサロンで修業をしてきて、経験を積んでから独立に踏み切る人が多々あるです。

 ですから、小規模であったとしても腕もありますし、経験値もあるのです。

さらに、一流企業のサロンのように営業のノルマがあるわけではないので、個人と個人の繋がりによりお客さんの輪が広がっていきます。

 したがって無理矢理のような勧誘は当たり前はないです。

スタッフとの信用結びつきも築きやすくて、個人の歯痒さに真摯に向き合いやすいです。

巨大資本のサロンなら行く度にスタッフが異なるという事もあります。

 そして予約も取りやすい面も強みでしょう。

・個人サロンの欠点 
初めに情報量が圧倒的に少ないことでしょう。

地域限定のショップになるので体験者の話を聞く機会があまりなく、評判が伝わりづらいので、行く前にどんなサロンなのか知るのが厄介なと言えます。

 それから施設がどの程度満喫しているのか、実のところに見てみないと理解いただけません。

個人の経営のケースはいつも最先端機器を取り揃えるのが手を焼く面がありますので、その質にはばらつきが出てきます。

 個人のサロンの長所と欠点、双方を見て巨大資本とどっちに通うのか決めましょう。

乳液をつけるタイミング

皆様はいつも洗顔後のスキンケアをどれほどの順番で行なっていますか?洗顔後は化粧水をつけてから乳液をつける。

という順番でスキンケアを行なっている人が多々あるのではないでしょうか。

言うまでもなくその順番でもいいのですが、採り上げるのは化粧水をつける前に乳液をつけるというスキンケアを解説したいと考えます。

乳液を先につける事によって、後につける化粧水の定着力がぐっとあがるんです!特に乾かすの見過ごせないいまの季節にとってもイチ押しなスキンケアです。

なぜ先に乳液なのかというと、乳液には肌の表面を柔らかくしてくれる役割があるので、そこに化粧水を重ねる事によって、いつも以上に水分をふんだん肌に染み渡るさせる事が可能なんです。

洗顔後、両手でちゃんと乳液を肌にプレスさせ、化粧水もふんだんつけて染み渡るさせてあげます。

何度繰り返してもいいのですが、絶対最後は乳液で水分が逃げないようにフタをしてあげるとより保湿できます。

肌がひんやりしてくると水分が充分に染み渡るしている証拠です。

私も、初めてこのスキンケア技術に変更した時は実際までと違う肌のしっとりふっくらした触り心地に感動しました。

乾かすの引っかかる季節は、毛穴が目立ち、吹き出物ができてしまったり、乾かすにより化粧のりが悪くなったりと肌トラブルが数多く起きてしまいますよね。

採り上げるの解説したスキンケアを何とぞ試して、乾かす・肌荒れ知らずの美肌を一緒に目指しましょう!